The Japanese Society for Clinical Microbiology
一般社団法人日本臨床微生物学会
HOMEへ戻る

行事案内

第22回 医師・臨床検査技師・薬剤師・看護師のための感染症学セミナーのお知らせ

令和元年7月吉日

一般社団法人 日本臨床微生物学会
理事長 舘田 一博

 日本臨床微生物学会では、医師、臨床検査技師、薬剤師、看護師、各学生などを対象に感染症学に関するセミナーを開催しております。各種感染症の診断、治療および微生物検査についてのレクチャーとケースカンファレンスを通じて、コモンなものからレアなものまでの臨床感染症学ならびに臨床微生物検査のノウハウを楽しく学ぶことができるように企画されています。

第22回のテーマ「迫りくる海外からの感染症〜オリンピックイヤーを迎える前に知っておきたいこと〜」

  1. 日程・場所

    日時:令和元年10月13日(日曜日) 12:30-17:00(受付開始12:00)
    場所:〒160-8582 東京都新宿区信濃町35 慶應義塾大学医学部東校舎講堂
    JR信濃町駅から徒歩約3分(キャンパスマップ11番の建物)
    http://www.med.keio.ac.jp/maps/index.html
  2. 内容

    12:30-12:35 
    開会挨拶、イントロダクション

    12:35-13:15 
    日本を取り巻く海外からの感染症:特徴と鑑別のキモ
    国立国際医療研究センター国際感染症センター 忽那賢志

    13:15-13:45 
    海外からの感染症に必要な微生物検査 
    都立大塚病院臨床検査科 鈴木智一

    13:45-14:15 
    ワクチンで予防出来る海外からの感染症 
    日比谷クリニック 相野田祐介

    14:15-14:30 
    休憩

    14:30-15:10 
    ケースカンファレンス1 
    東京大学医科学研究所附属病院感染免疫内科 池内和彦

    15:10-15:50 
    ケースカンファレンス2 
    国立国際医療研究センター呼吸器内科 森野英里子

    15:50-16:10 
    休憩

    16:10-16:40 
    地域で取り組む海外からの感染症対策:静岡県におけるオリパラ対策
    静岡がんセンター感染症内科 倉井華子

    16:40-17:00 
    質疑応答、総括、閉会
  3. 参加申込み方法

    1. 申込み方法
      参加を希望される方は、(1)氏名(フリガナ)、(2)職種、(3)施設名、(4)所属、(5)連絡先Eメールを記載の上、下記の日本臨床微生物学会事務局宛EメールまたはFAXにてお申し込みください。
      Eメール:jscm@qk9.so-net.ne.jp FAX:03-5437-1488
    2. 申込み締切り:令和元年9月27日(金曜日)必着
    3. 定員:200名(先着順)
    4. 参加資格は日本臨床微生物学会の会員・非会員の区別は問いません。
    5. 参加費(会員、非会員)2,000円
      ※参加の確定をEメールまたはFAXでご案内します。ご案内が届きましたら指定の口座へ事前にお振り込みをお願いします。

感染症学セミナーWG担当委員:大塚喜人(亀田総合病院)、宇野俊介(慶應義塾大学)、佐々木雅一(東邦大学大森病院)、鈴木智一(都立大塚病院)、関谷紀貴(都立駒込病院)、吉澤定子(東邦大学)

HOMEへ戻る このページのトップへ
Copyright © 2002 日本臨床微生物学会 All rights reserved.