The Japanese Society for Clinical Microbiology
一般社団法人日本臨床微生物学会
HOMEへ戻る

国際委員会

国際委員会からのお知らせ

2017.8.25

国際委員会 2017 Jun CLSI報告


2017.8.25

韓国微生物検査学会参加者募集のお知らせ


2017.3.15

国際委員会 2017 CLSI報告


2016.8.19

韓国微生物検査学会参加者募集


2016.7.28

国際委員会 2016 Jun CLSI報告


2016.2.8

国際委員会 2016 CLSI報告


2015.7.22

国際委員会 2015 Jun CLSI報告


2015.2.12

国際委員会 2015 CLSI報告


2015.2.12

第26回総会・学術集会 招請講演:EUCAST antimicrobial susceptibility testing (Gunnar Kahlmeter先生)


2014.7.30

国際委員会 2014 CLSI報告


2014.2.25

第25回総会 招請講演:The CLSI Approach to Setting Breakpoints(Jean Patel先生)


2013.8.21

国際委員会から韓国微生物学会参加報告


2013.4.1

第24回総会 招請講演:The current status of multiple-drug resistant bacteria in Europe(Rafael Cantón先生)


2013.3.19

国際委員会 2013 CLSI報告


2012.5.10

国際委員会 2012CLSI報告


2011.10.11

国際委員会より CLCI参加報告


2011.6.22

国際委員会企画および共催企業の募集について


2011.1.12

国際委員会より 韓国微生物学会出張報告


2010.7.16

M100-S20 June 2010 Update
Performance Standards for Antimicrobial Susceptibility Testing; Update
(M100-S20-U)が6月末に発売されました。32ページ$25です。

Update版の主要な点は、以下の2点で、いずれもKPCタイプのカルバペネマーゼを意識したものです。
1)腸内細菌科に対するカルバペネム薬のブレイクポイントの改定とドリペネムのブレイクポイントの追加
2)カルバペネマーゼ検出のためのmodified Hodge testの改定

平成22年7月14日
国際委員会


2009.9.16

国際委員会より 韓国微生物学会出張報告


2009.3.17

M100-S19のAppendix Bの記載に間違いがあり、修正されました。high-level mupirocin resistanceのbroth microdilutionの記載においてStaphylococcus aureus ATCC BAA1708の判定基準がno growth(誤り)→growth in 256μg/mL well(正)に修正されています。
詳しくは(http://www.clsi.org/AM/Template.cfm?Section=Home&Template=/TaggedPage/TaggedPageDisplay.cfm&TPLID=29&ContentID=4627) をご覧ください。


2009.1.19

CLSIより、薬剤感受性試験に関して、M02-A10(ディスク法)、M07-A8(微量液体希釈法)、M100-S19(ブレイクポイントなど)の3つの改訂版のドキュメントが発刊されました。
詳しくはCLSIのホームページ(http://www.clsi.org/)をご参照ください。


2008.11.19

薬剤感受性の基準に関するドキュメント“In Vitro Susceptibility Testing Criteria and Quality Control Parameters M23-A”が改訂され、第3版が出版されました。詳しくは下記をご参照ください。
http://clsi.informz.net/admin31/content/template.asp?sid=11511&ptid=270&brandid=3076&uid=752012874&mi=397357


2008.9.29

第10回韓国臨床微生物学会に参加して


2008.9.18

市販同定システムの精度管理がM50-PからM50-A: Quality Control for Commercial Microbial Identification Systems; Approved Guidelineにアップデートされました。
http://www.clsi.org/source/orders/index.cfm?section=Online_Store&ETask=1&Task=1&SEARCH_TYPE=FIND&FindIn=0&FindSpec=m50


2008.8.21

抗酸菌の検出と同定のガイドラインの改訂版 M48-A Laboratory Detection and Identification of Mycobacteria; Approved Guidelineが発行されました。
http://clsi.informz.net/admin31/content/template.asp?sid=10006&ptid=249&brandid=3076&uid=0&mi=346987


2007.7.5

血液培養のガイドライン(M47-A)および分子生物学的タイピング法のガイドライン(MM11-A)が公開されました。
http://enews.clsi.org/clsi/issues/2007-06-01/7.html)ご参照ください。


2007.7.5

ISO関連でISO15189:2007 Medical Laboratories - Particular requirements for quality and competence
http://enews.clsi.org/clsi/issues/2007-06-01/8.html)が公開されています。


2007.5.15

M47-A: Principles and Procedures for Blood Cultures; Approved guidelineが6月発売予定です。2007 CATALOG SUPPLEMENT(http://enews.clsi.org/clsi/downloads/catalog_suppFINAL.pdf)ご参照ください。


2007.2.6

CLSIより、嫌気性菌の薬剤感受性試験法(M11-A7)改定のお知らせの出版についてお知らせが届いております。

詳しくはCLSIの2月のeNews(http://enews.clsi.org/clsi/issues/2007-02-01/3.html)をご参照ください。


2006.12.18

CLSIより、“Performance Standards for Antimicrobial Susceptibility Testing; Seventeenth Informational Supplement (M100-S17)”; および“Methods for Antimicrobial Susceptibility Testing of Anaerobic Bacteria (M11-A7)”の出版についてお知らせが届いております。

詳しくはCLSIの12月のeNews(http://enews.clsi.org/clsi/issues/2006-12-01/2.html)をご参照ください。


2006.11.14

CLSIより、血液培養の新しいガイドライン“Principles and Procedures for Blood Cultures; Proposed Guideline (M47-P)”の出版についてお知らせが届いております。

詳しくはCLSIのホームページ(http://enews.clsi.org/clsi/issues/2006-11-01/3.html)をご参照ください。

Adobe Readerのダウンロード PDFを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。
HOMEへ戻る このページのトップへ
Copyright © 2002 日本臨床微生物学会 All rights reserved.