The Japanese Society for Clinical Microbiology
一般社団法人日本臨床微生物学会
HOMEへ戻る

会員の皆様へ

SARS-CoV-2 核酸検出検査に関するWebミーティングのお知らせ
SARS-CoV-2核酸検出における問題点と精度管理

3月6日よりSARS-CoV-2核酸検出検査の診療報酬が認められ、現段階では厳しい実施要件のため、検査件数が爆発的に増加することは考えにくいですが、感染拡大状況の変化によっては検査件数が増大し、遺伝子検査そのものの精度が危ぶまれてきます。
本来、診断用医薬品として承認された診断薬は、精度管理等についても信頼される方法が採用されていると言えますが、現時点でのSARS-CoV-2核酸検出検査は精度管理方法が確率されたものではなく、早急に検査精度を担保すべく精度管理の進め方について検討が必要と考えます。そこで、下記の通り緊急Webミーティングを開催致します。

日時:3月19日(木曜日) 17時30分開始 : 18時30分〜19時終了予定

開催方法

  1. ディスカッション参加希望の10〜20施設を募集します。
  2. 視聴のみの参加ができます(申し込みは不要です)。

以上により、10〜20施設間で討論を行うところをほかの検査担当者に視聴していただきます。

募集
ディスカッション参加を希望されるご施設は3月17日(火曜日)までに下記事務局までメールでご連絡ください。応募数によっては調整の上、3月18日(水曜日)に事務局よりご連絡いたします。

視聴
※音声が聞き取れるPC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイスから参加できます。
視聴用URL:https://zoom.us/j/285669339
視聴方法は こちらをご覧ください

討議内容
司会進行:大怺人
討論テーマ

  1. 検体採取から検査開始までの保存等の条件
  2. 検体からの核酸抽出時の精度管理
  3. 核酸増幅・検出の精度管理
  4. その他

以上について、討論し何らかの結論を導くことができればと考えています。

連絡・問い合わせ先
一般社団法人 日本臨床微生物学会事務局
TEL:03-5437-1480
E-mail:jscm@qk9.so-net.ne.jp

HOMEへ戻る このページのトップへ
Copyright © 2002 日本臨床微生物学会 All rights reserved.